お使いのブラウザでは当ホームページが崩れて表示されます。
最新のブラウザのご利用をお願いします。

<みちのく銀行>お客さま本位の業務運営に関する取組方針

<みちのく銀行>お客さま本位の業務運営に関する取組みについて

2020年度版「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」(PDF:341KB)
2020年度「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」に係る成果指標(KPI)について(PDF:824KB)

 

 

2021年6月30日改定

 

株式会社みちのく銀行は、企業理念に基づき策定されている「お客さまの満足度向上のために」「信頼される銀行であるために」「一人ひとりの成長と幸福のために」という行動指針を鑑み、お客さまに喜ばれる提案とサービスの提供を実践するため、金融商品の提案にかかる「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」を作成いたしました。

当行は、このような取組みを通じて、「お客さまの最善の利益を図ること」が、自らの安定した顧客基盤と収益の確保につながるものと信じて継続的に取り組んでまいります。

そのためにも、この方針については業務運営の取組状況を定期的に検証し、見直し改善を図っていくものであり、今後もお客さまに信頼される銀行として「お客さま本位の業務運営」を徹底してまいります。

 

1.お客さまの最善の利益の追求

当行は、地域経済の発展とお客さまの資産形成のお役に立てるよう、高度な専門性と高い倫理観を持ち、お客さまの立場に立って考え、お客さまの最善の利益を追求します。

具体的な取組内容

2.利益相反の適切な管理

当行は、利益相反の弊害を防止する観点から、販売状況を検証することにより適切に管理してまいります。

具体的な取組内容

3.手数料等の明確化

お客さまにご負担いただく手数料その他の費用について、お客さまが具体的な負担額を理解できるよう、分かりやすい説明を行ってまいります。

具体的な取組内容

4.重要な情報の分かりやすい提供

金融商品・サービスの販売・推奨等にかかる重要な事項については、お客さまに正しくご理解いただけるよう、明確、平易かつ誠実な情報提供に努めます。

具体的な取組内容

【重要情報シートの活用】

【分かりやすい情報提供のためのツールについて】

5.お客さまにふさわしいサービスの提供

金融商品の商品選定にあたっては、お客さまの資産状況、投資経験、金融知識およびご意向・ニーズを確認させていただき、お客さまにふさわしい金融商品をご提案、販売してまいります。

具体的な取組内容

【ご高齢のお客さまに対する販売体制】

当行における、ご高齢のお客さまに対する販売体制は以下のとおりです。

原則親族の方の同席を頂いたうえでお申し込みいただきます。
商品のご提案後に、家族へのご相談などご自宅でゆっくりご検討いただくために日を改めた複数回の面談を必須といたします。

6.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

「お客さま本位の業務運営」が企業文化として定着するよう、継続的に人財育成に努めてまいります。

具体的な取組内容

以上

 




メニュー
ページトップへ