お使いのブラウザでは当ホームページが崩れて表示されます。
最新のブラウザのご利用をお願いします。

マネー・ローンダリング等の防止に関する基本方針

株式会社みちのく銀行

 

当行は、金融システムの健全性維持のため、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与(以下、「マネー・ローンダリング等」といいます。)防止の重要性を認識し、重要な経営課題のひとつと位置づけ、以下のとおり「マネー・ローンダリング等の防止に関する基本方針」を定めます。

1.法令等遵守

当行は、犯罪による収益の移転防止に関する法律をはじめとするマネー・ローンダリング等防止のための各種法令等、監督官庁の指針等および本指針を含む内部規程等を遵守いたします。

2.適切な顧客管理

当行は、顧客との取引にあたり適時適切な取引時確認を実施するとともに、顧客属性に基づく継続的な顧客管理態勢の整備に努めます。

3.疑わしい取引の届出

当行は、取引のモニタリング・フィルタリングにより検知された疑わしい顧客や取引等について、速やかに当局へ届出を行う態勢を整備します。

4.行内研修等の実施

当行は、マネー・ローンダリング等の防止について継続的な指導・研修等を実施し、行内における周知・徹底を図ります。

5.一元管理態勢の構築

当行は、管理統括部署および責任者のもと関係所管部と連携を図り、マネー・ローンダリング等の防止に向けた一元管理態勢の構築を整備します。




メニュー



メニュー
ページトップへ