このページの先頭へ

人財育成について

みちのく銀行の「人財」に対する考え方

 当行では、企業理念「みちのく銀行は地域の一員として存在感のある金融サービス業を目指しお客さまと地域社会の幸福と発展のためにつくします」の実現に向けて、「人財力の向上」が最も大切であると考えております。行員一人ひとりが「金融のプロ」としてスキルを高めるのはもちろんのこと、お客さまと地域社会へ貢献することを喜びとして全力を尽くすことができるようにならなければいけないと考えているからです。
 また、「人財」は最も大切な経営資源であるとの考えのもと「全職員がいきいきと働く職場作り」と「全職員の健康を保つ取り組み」に力を入れております。

入行後の求める人財像

 当行は、金融サービスを通じて地域の課題やお客さま(法人・個人)の個別課題を解決するための支援をさせていただくことを使命としております。この使命を果たすためには、「地域と協調し、強いリレーションを築きながら、前例や経験がなくとも『強いリーダーシップ』と新しい発想を生み出す『課題解決力』によって地域と当行の未来を創造していける人財」を求める人財像として定義しております。
 キーワードは、『強いリーダーシップ』と『課題解決力』の二つです。この二つを兼ね備えた人財を中長期的に育成してまいります。

人財育成体系

人材育成の3つの柱「OJT」「研修」「自己啓発」

  • OJT
    営業店での職場内教育で、「業務スキルの早期習得」と「キャリアビジョンの明確化」を目指します。入行後2年間でのジョブローテーション(窓口業務・個人ローン業務・個人営業業務)を通じて、銀行業務の基礎固めを行うとともに、「自己の適正」「やりがい」を見極め、3年目以降は、自分がやりたいことにチャレンジしていける仕組みにしています。また、新入行員には、一人ひとりにJOBトレーナー(指導者)やメンター(相談者)がつきサポートします。
  • 研修
    ジョブローテーションや各人のスキルレベルに応じた各種研修により、業務スキルの高度化をサポートします。また、自身のキャリア開発を支援する研修やマネジメント力向上、リーダーシップ強化を支援する研修を積み重ね、着実なステップアップを促します。
  • 自己啓発
    通信講座や検定試験に取り組む行員に対して斡旋や奨励金支給の支援を行います。また、時間や場所を選ばず職員一人ひとりの好きなタイミングで、幅広い業務知識やビジネススキルの習得に励むことが出来るよう「eラーニング」を導入(全職員が利用可能)しているなど、様々なツールによる自己啓発の機会を提供しています。
人材育成を支える取組み

全職員がいきいきと働く職場作り(ダイバーシティ経営)
*詳しくは「みちのく銀行ホームページ」もご覧ください。

全職員の健康を保つ取組み(健康経営宣言)
*詳しくは「みちのく銀行ホームページ」もご覧ください。

研修体系

階層別研修

(マネジメント力、リーダーシップ、キャリア開発を支援する研修)

階層別研修体系図

業務別研修

(業務スキルを高める研修)

業務別研修体系図

◎法人営業コンサルティング
業務別研修体系図

◎個人営業コンサルティング
業務別研修体系図

能力開発支援

行外研修派遣
行外研修・セミナーへ積極的に行員を派遣し能力開発の支援を行っています。
キャリア・チャレンジ制度
何事にも果敢にチャレンジする企業風土の醸成とスペシャリストの育成を目的として、挑戦意欲のある行員を公募、本部専門部署への配置やコンサル企業等への出向派遣を行っています。
留学制度
専門知識・スキル習得を目的として、中小企業大学校・大学院などへの留学を支援しています。
  • エントリー