このページの先頭へ

入行後の研修(基礎教育)について

 

新入行員研修(研修会館前にて)

新入行員への指導体制

 新入行員教育の基本はOJT(職場内教育)にあります。当行では、新入行員一人ひとりにメンター(相談者)やJOBトレーナー(指導者)が必ずつき、しっかりとした指導を行う体制を整えております。メンターはメンタリングやコミュニケーションの研修を受講しておりますので、皆さんの悩みなど相談に乗ったり、適切なアドバイスできるようにしています。また、JOBトレーナーは毎日皆さんの仕事を教えるプロフェッショナルであり、早期に仕事を覚えることができるよう、新入社員をサポートする存在です。

入行後の研修(基礎教育)について

 入行から2年間は「基礎教育」期間となります。
 4月の新入行員研修では、企業理念、中期経営計画、ビジネスマナー、社会人に必要な5力(聴く力、考える力、話す力、書く力、時間力の基本的スキル)、端末操作を学ぶことになります。その後は、所定のジョブローテーションを行い、これに沿って必要な商品知識、営業スキルなどの各種研修を実施していきます。
 3年目以降は、「窓口サービス課」「法人営業課」「個人営業課」「本部」等それぞれの専門部署に配属され、専門教育が始まります。2年間の「基礎教育」期間で基本スキルをしっかりと身に付け、3年目以降は、より実践的かつ専門性の高い研修が用意されており、同時に5年後、10年後の自身のキャリアビジョンを考える研修や中堅行員として組織マネジメント能力を養うための研修もスタートします。

研修の概略図

研修風景 研修風景
研修風景 研修風景 研修風景 研修風景 研修風景 研修風景

みちのく銀行研修会館

 陸奥湾に面し、広々とした景観と静かで落ち着いた環境が自慢の研修会館。
 新入行員全員を収容できる講義室やオペレーティング研修室、食堂・宿泊施設も備えています。
 また、研修会館内の最上階には海を臨む温泉大浴場もあり、研修の疲れを癒す場となっており、食事も「おいしい!!」と受講者から好評です。

研修会館 研修ルーム 研修ルーム
大浴場 研修風景 研修風景 研修風景 研修風景 研修風景
  • エントリー