このページの先頭へ

中期経営計画

第5次中期経営計画

 株式会社みちのく銀行では、2018年4月〜2021年3月の3ヶ年を計画期間とする「第5次中期経営計画」をスタートしました。

  1. 計画名称
    『Exciting Innovation』
    ※当計画をイメージした動画も作成しております。詳しくはこちらをご覧ください。
  2. 計画期間
    2018年4月〜2021年3月(3ヶ年)
  3. 目指すべき姿
    『地域の豊かさを引き出すベストパートナー』
     人口減少・少子高齢化が進展するなか、当行は、今まで以上の大きな改革に踏み込み、ふるさとの豊かな生活を守るとともに、豊かさを引き出していく存在を目指してまいります。

<主要戦略>

【Innovation1】コンサルティングクオリティの追求

 目指すべき姿の実現に向けて、地域の事業者・家庭のライフプランに関するコンサルティングや、自治体との連携やソリューションの提供に対して、当行の経営資源を大胆に投下してまいります。具体的には、従来型の業務のさらなる効率化を図ると同時に、さまざまなコンサルティング業務に大きく人員をシフトし、また、外部機関等へ職員を積極的にトレーニー派遣することなどを通じて、質・量ともに大幅な充実を図り、今まで以上に地域に対して貢献してまいります。

【Innovation2】職員の幸福と活力向上の追求

 当行の職員が仕事へのやりがいを多く感じられ、また、多様な人財を活かし、柔軟な働き方ができる環境を整備していくために、従来から取組みしております「ダイバーシティ」を一層強化してまいります。また、自らが希望するセクションに志願することができる「キャリアチャレンジ制度」の対象範囲を拡充するとともに、チャレンジを後押しする企業風土を目指してまいります。

【Innovation3】不断の改革推進による生産性向上の追求

 抜本的な業務の見直しと、AIやRPAなどの新しいデジタル技術を積極的に採り入れることによって、従来型業務の効率化を図ることで、コンサルティング業務へ特化できる体制を整備してまいります。

<基盤戦略>

(1)ESGへの取組み強化 (2)グループ総合力の向上 (3)強靭な財務基盤の構築
 当行がESG経営を実践していくだけではなく、地域金融機関として、地域の事業者へのESG経営の普及に努めて参ります。また、グループ総合力の向上と、持続的な経営基盤の確立に向けて、不断に取り組んでまいります。

  • エントリー