このページの先頭へ

採用担当者より

人事総務部 主任

鹿原 佑太

YUTA KABARA

 

私たちの最大の喜びとは。

 みちのく銀行員として最大の喜びを感じる瞬間は、なんといっても、地域のお客さまの役に立つことができた時だと思います。個人のお客さまも法人のお客さまも、自分の担当先のお客さまのライフプランに関わる出来事に立会い、お客さまの「夢」を応援することができるこの仕事は、常に多くの喜びを感じることができるため、お客さまだけではなく自分の人生も豊かにすることができる職業だと思います。

「自分がやりたい仕事」にチャレンジできる環境。

 もちろん、やりがいの大きさと同じくらい責任も大きいです。地方創生・地域活性化の最前線にいる私たち銀行員は、地域活性化のための非常に大きな責務を負っています。「地域経済の発展と持続的成長への貢献」のために、みちのく銀行では、お客さまへのコンサルティング機能の発揮にも注力しています。
 お客さまに最適なご提案を最適なタイミングでするためにも、日々の自己研鑚も欠かせません。みちのく銀行では、行員向けに、OJT・研修・自己啓発など、多角的な能力開発支援を行っています。「ふるさとをもっと元気に」という熱い情熱をもった皆さんにとっては、自身の成長を望むことができる、魅力的な環境だと思います。自己研鑚によって得た情報やスキルなど、皆さん自身の成長は、間違いなく、自身の人生・家族の人生を豊かにするものになります。AIやFinTechなどのデジタル化の加速により、今後ますます進化していく地方銀行。地域経済の中でも重要なビジネスフィールドであるこの業界で、「自己の成長」にチャレンジしてみて下さい。

忘れてはならない、心からの誠実さ。

 みちのく銀行がここまで歩んでこれた要因として、ふるさとのお客さまの存在以上に大きいものはありません。みちのく銀行が地域の一員として、これまで以上に存在感のある金融サービス業を目指すうえで欠かせないことは、地域のお客さまに対する「心からの誠実さ」です。ふるさとのお客さまと真正面から向き合い、お客さま目線の営業活動を実践することで、地域が成長し、そしてみちのく銀行も成長することができるのではないでしょうか。
 学生の皆さんにも、お客さま、同僚、そして自分に対して「誠実な」仕事をしてほしいと感じています。

PROFILE

みちのく銀行 人事部 主任/鹿原 佑太

鹿原 佑太(YUTA KABARA)
小4からバスケットボールを始め、高校生の時には県大会優勝を経験。大学時代はクラブチームで活動する。現在は高校のOBで結成したチームに所属し、週末は八戸で練習に励む。

  • エントリー