お使いのブラウザでは当ホームページが崩れて表示されます。
最新のブラウザのご利用をお願いします。

セキュリティについて

「みちのくビジネスインターネットバンキング」では、ご契約者の皆様に安心してご利用いただけるようセキュリティに関して万全の体制で臨んでおります。

暗号化通信

お客さまの情報の送受信には、「128bitSSL(Secure Socket Layer)暗号化方式」を使用し、情報漏洩・盗聴・改ざんを防止しております。

ご本人の確認

本サービスのご利用につきましては、複数のIDと各種暗証番号によって利用される方の確認(認証)を行っております。

管理者の方が「管理者ログオン」のボタンをクリックしログオンする際には、「契約法人ID」「契約法人暗証番号」により管理者の確認(認証)を行います。また、各種情報の登録変更につきましては「契約法人確認暗証番号」による確認(認証)も必要となります。
利用者の方が「利用者ログオン」のボタンをクリックしログオンする際には、「契約法人ID」「利用者ID」「利用者暗証番号」により利用者の確認(認証)を行います。また、資金移動や総合振込・給与賞与振込等のお取引につきましては「利用者確認暗証番号」による確認(認証)も必要となります。

IDと暗証番号の管理について

本サービスにおける複数のIDや各種暗証番号・ハードトークンは、印鑑や通帳・キャッシュカードと同様に非常に大切なものです。
管理者・利用者ご自身で厳重に管理し、他人に教えたり、知られないよう十分にご注意ください。なお、当行から暗証番号等に関してお尋ねすることは一切ありません。

安全性を高め、安心してお取引いただくために定期的に暗証番号を変更していただきますようお勧めいたします。
暗証番号には、名前、生年月日、電話番号、同一番号(1111・2222)等、他人に類推されるものは避けてください。
英字をご利用の場合は、大文字・小文字にご注意ください。

暗証番号の連続入力相違について

本サービスにおける暗証番号を当行所定の回数以上連続して間違えますと、不正利用防止のためサービスのご利用を停止させていただきますのでご注意ください。

ハードトークン

カード型のパスワード生成器により生成される、一定期間毎に切り替わる一度限りの有効なパスワードを使用する事で、意図しない先への不正送金を未然に防止します。

不正アクセス先からのアクセス拒否機能

インターネットバンキングにログオンする際のアクセス環境を分析し、既知の不正なアクセス先からのアクセスを拒否する機能です。

自動ログオフ

ログオン後一定時間操作されなかった場合は、不正利用防止のため自動的にログオフします。

Eメール通知

お取引があった時やパスワードを複数回間違えて利用停止となった時などに、ご登録いただいたEメールアドレスに対して、Eメール送信いたしますので、最新のEメールアドレスをご登録ください。

現在ご登録いただいているEメールアドレスは、ログオン後のトップページ等でご確認できます。

迷惑メール拒否設定などをされているお客さまは、当行からのメール(「@finemaxnet」ドメイン)が受信できるよう設定してください。

設定方法については、ご利用の端末販売会社のホームページ等でご確認ください。

ご利用履歴の確認

管理者メニューの「操作履歴照会」、利用者メニューの「入出金明細照会」「取引履歴照会」から、定期的なお取引内容のご確認をお勧めいたします。また、ログオン後のサービスメイン画面へ過去3回分のご利用履歴を表示しておりますのでご確認ください。

パソコンのご利用について

不特定多数が利用するパソコン、利用状況が不明なパソコン等での操作は行わないでください。また、セキュリティを高めるうえでもご利用のパソコンは、職場が占有管理するものをお使いいただくことをお勧めいたします。




メニュー
ページトップへ