お使いのブラウザでは当ホームページが崩れて表示されます。
最新のブラウザのご利用をお願いします。

リスク管理態勢

企業経営には、その保有資産の価値減少や消失など、さまざまな形での損害を被る可能性を持ったリスクが存在します。お客さまの資産をお預かりする金融機関にとって、事業に伴うリスクを管理することは、一般の企業以上に重い責任を伴う経営課題です。

当行では、コンプライアンスの統括管理部署として「経営管理部」、リスク管理の統括管理部署として「リスクマネジメント部」を、更にリスク区分に応じて管理部署を設置しております。また、リスク特性に応じて、信用リスク、市場リスク、流動性リスクについては、「収益」「リスク」「資本」のバランスを図るためのリスクマネジメントについて協議する場として「収益・ALM委員会」を設置し、さらにオペレーショナルリスクおよびコンプライアンスについてはリスク改善策等を組織横断的に協議・検討を行う場として「リスクマネジメント委員会」「コンプライアンス委員会」を設置しております。

 

当行の事業に不可欠な4つのリスク管理

 

法令等遵守・リスク管理態勢
(2021年4月1日現在) 



メニュー
ページトップへ