お使いのブラウザでは当ホームページが崩れて表示されます。
最新のブラウザのご利用をお願いします。

沿革

明治27年 8月 株式会社 青森商業銀行 設立
大正10年 10月 株式会社 青森貯蓄銀行 設立
13年 6月 ※弘前無尽 株式会社 設立
昭和24年 1月 青和銀行に名称変更
普通銀行業務開始(貯蓄銀行業務兼営)
26年 10月 ※相互銀行免許を取得し、弘前相互銀行に改称
33年 9月 青森商業銀行と合併
50年 9月 ※事務センター落成(青森市、現在地)
51年 3月 ※外国為替業務取扱開始
10月 青和銀行 と 弘前相互銀行 が合併
みちのく銀行に名称変更
12月 増資:新資本金28億円(合併による増資)
53年 5月 外貨預金取扱開始
9月 新本店落成(現在地へ本店営業部・本部移転)
12月 増資:新資本金42億円
55年 1月 キャラクター商品:トムとジェリーの預金取扱開始(全国初)
57年 4月 金(現物・お預かり証書)売買業務取扱開始
8月 海外コルレス業務取扱開始
58年 1月 証券業務取扱認可
4月 国債等公共債の窓口販売業務開始
60年 6月 国債等の売買(ディーリング)業務開始
61年 1月 コルレス包括承認銀行認可
5月 増資:新資本金50億4千万円(新株式無償交付)
6月 フルディーリング業務開始
62年 12月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
63年 10月 国際部門オンラインスタート
11月 増資:新資本金90億円6千万円
12月 預金残高1兆円達成
平成元年 6月 ファームバンキング・サービス取扱開始
担保附社債信託業務の免許取得
金融先物取扱認可
8月 第1回国内無担保転換社債(100億円)および
スイス・フラン建転換社債(6千万スイス・フラン)を同時発行
9月 東京証券取引所市場第一部に株式上場
2年 3月 増資:新資本金197億5千4百万円
11月 ニューヨーク駐在員事務所開設
※平成11年12月閉鎖
4年 10月 香港駐在員事務所開設
※平成12年4月閉鎖
5年 9月 信託代理店方式による信託業務の取扱開始
海外現地法人「北日本財務(香港)有限公司」設立(東北地銀初)
※平成21年3月解散
7年 7月 ユジノサハリンスク駐在員事務所開設(邦銀初)
※平成16年5月閉鎖
8年 12月 増資:新資本金241億6千7百万円
9年 10月 武漢駐在員事務所開設
※平成18年3月閉鎖
10年 10月 テレフォンバンキングサービス開始
12月 投資信託の窓口販売業務開始
11年 7月 海外現地法人「株式会社みちのく銀行(モスクワ)」設立(邦銀初)
※平成20年1月譲渡
12年 3月 国際規格「ISO14001」の認証取得
(本店および国内の全営業店での取得は地銀初)
※平成23年11月認証返上
7月 新2,000円札入出金対応ATM設置(全国銀行初)
13年 4月 損害保険窓口販売業務開始
10月 ローソンATMサービス開始
11月 確定拠出年金業務の取扱開始
14年 2月 「数字選択式宝くじ」のATM販売開始(東北・北海道地区地銀初)
8月 海外現地法人「株式会社みちのく銀行(モスクワ)
ユジノサハリンスク支店」開設
※平成19年12月閉鎖
10月 生命保険窓口販売業務開始
15年 7月 海外現地法人「株式会社みちのく銀行(モスクワ)ハバロフスク支店」開設
※平成19年12月閉鎖
当行、肥後銀行(本店:熊本県)、山陰合同銀行(本店:島根県)の3行によるシステム共同化スタート
16年 10月

上海駐在員事務所開設

※令和2年11月閉鎖

19年 7月 証券仲介業務の取扱開始
20年 4月 がん保険、医療保険の取扱開始
21年 9月 金融機能強化法に基づく優先株200億円発行
22年 7月 株式会社みちのくサービスセンターを当行へ吸収合併
27年 4月 みちのくリース株式会社子会社化
28年 6月 監査等委員会設置会社へ移行
29年 1月 増資:新資本金369億8千6百万円
2月 みちのく地域活性化投資事業有限責任組合を設立
30年 6月 「みちのく債権回収株式会社」設立

 




メニュー
ページトップへ