個人向けインターネットバンキングにおける「通信暗号化方式SSL3.0」の終了について

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」に脆弱性が発見され、暗号化されている通信内容が漏えいする可能性があると報じられております。

弊行個人向けインターネットバンキングでは、平成26年12月15日(月)以降、「通信暗号化方式SSL3.0」での利用ができなくなります。

既にサポート対象外としておりますが、IE5などのSSL3.0以前の方式でしか通信できないブラウザや、サポート範囲内のブラウザでも、SSL3.0のみ有効な設定にしている場合、無応答となったり、「ページを表示できません」といったブラウザ固有のエラーメッセージが表示されます。

インターネットバンキングのサポートブラウザにて、通信暗号化方式TLS1.0またはTLS1.2に移行していただくことで、安全性の高いご利用が可能となりますので、ご対応のほど宜しくお願いいたします。

設定および確認方法はこちらをご参照ください。

なお、モバイルバンキング(フィーチャーフォン)のご利用にあたっては、本事象の影響はございません。